鳥の写真をテキトーに綴っていきます。 フィールドは地元沖縄が中心ですが、たまに遠征したりもします。 リンク貼る際はご一報いただきたく。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
コメントありがとね♪
[08/10 真美]
[08/08 HappyChappy]
[07/27 真美]
[07/27 真美]
[07/27 masu-naka]
[07/26 824]
[06/19 真美]
[06/18 ともち]
[05/21 真美]
[05/17 masu-naka]
じこしょうかい^^
HN:
マミポコ
性別:
女性
自己紹介:
釣り好きのF1好き。
あと花が好き。
甘いものも好き。
探す??
こうこく
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日の日没から日曜の明け方まで仲良しさんと4人でヤンバルに
生き物探索にでかけてきました(^^)

約2名がみたかった子は小雨降る中、こんな姿で・・・・・。
1fb2f5cb.jpeg
あっ!ヤンバルクイナがいる!

なんで路面に座ってるの??

最初はうずくまってた。

でも車のライトで逃げようともがいてこんな形に。
ee3ce001.jpeg
車から降りると何者かが藪の中に逃げ去る音。(私は聞いていないが)

完全に足がやられていて立てない状態。

片側の羽も脱臼しているのかだら~んと落ちている。

一緒にいたG君は仕事で小動物を扱っていた経験者なので、鳥の具合をチェック。

脈・呼吸は正常、外傷ナシとのコト。

こんな時間に車にひかれたの?

それとも薄暮の時間にひかれてずっとそのままだったの?

こんな道、生き物屋しか通らんだろう、と思うような道で倒れているのも
ひっかかるし・・・。

とにかく、この雨で放置してたら死んじゃって朝になったらカラスの
朝食になるのは目に見えているので、満場一致で保護決定。

車の中にナイスな空き箱があったので、その箱に収容してG君のひざの上に。
sinpai.jpg
箱の中身は~・・・

まさか、ヤンバルクイナとの初めての出会いがこんな形になるなんて・・・

それから、みんなの車を停めてある駐車場に戻って荷物整理をして解散
したのが2:40ですよ。

鳥関連のコネがあるのは私なので、私が預かって病院まで連れていくことに。

これからご自宅まで2時間運転ですよ、あーた。

しかも怪我してるお鳥様が乗っているので、なるべく段差で痛くないように、
とか運転も神妙になったり。

帰宅して、鳥を触ったらヒヤッとしたので、ひとまわり大きい段ボール箱
にタオルを敷いて移動した。
38730faa.jpeg
いつもファインダー越しに見るコトしかなかった鳥はすごく小さくて軽かった。

呼吸も乱れていないし、痛がって騒ぐ様子もないので、知人に電話できる
時間まで私も仮眠。

3時間ほど寝て、様子を見たらまだ生きてた。

ホッと一安心。

これまで落鳥した鳥を病院に運んだ経験のあるO氏に電話して、今後の対策を協議。

とりあえず、「砂糖水作って飲まして」との事だったので、早速実行。

何度かかまれたけど、ストローで少しずつ何口かは飲んでくれた。

ずっと水飲んでなかったんだもん、そりゃ、飲むよね。

ごめん、気がつかなくて。

ほんで、ヤンバルクイナの治療実績が一番あるであろうどうぶつたちの病院に連れてった。

発見場所やら状況と私の連絡先記入して待っているとしばらくして診察室(?)
に呼ばれ、病院のあんちゃんが鳥の状態を説明してくれた。

「これは正真正銘のヤンバルクイナです」

・・・知ってる。 一応鳥屋だし

ま、それはさておき。

ざっと診ただけだけど、足が全くきかないので背骨をやられているのではないか
ということで、こういう状態はやはり車にはねられた時の症状である、と。

何者かに襲われてビックリして木から落ちたのかとか思ったけど、そんなマヌケ
な鳥なら既に淘汰されちゃってるよね。

病院にあずけちゃったので、あとは鳥の回復力を信じるしかない。

はねちゃった人は、どうしていいかわからなくて放置したかもしれないし、
霧が深くて気づきすらしなかったかもしれない。

そして、この子がこの状態で倒れているのをそのまま見ぬふりして通り去った人
ももしかしたらいるかもしれない。

今回はどこに連絡していいかわからなかったので、鳥屋つながりで病院まで連絡
をつなげてもらったけれど、落ち着いてからネットで調べたら、やんばる野生生物
保護センターかクイナダイヤル(救急)に連絡するように・・・とのコトだった。

実際にやってみてわかったよ。

全然難しいことじゃない。

鳥を箱に入れるかタオルで包んで、携帯のつながるところ(だいたい国道)まで出て
これたら、クイナダイヤル(090-6857-8917)に電話してその後の指示をもらえばいい。

そうするだけで、ひとつの命を救えるかもしれない。

間違ってひいちゃった人も、倒れてるのを見つけちゃった人も。

逃げないで。
PR
この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
824
興味深く読ませていただきました。
すばらしい経験談です。
しかもヤンバルクイナ。
2011/07/26[Tue] 00:35:43 :EDIT:
無題
masu-naka URL
マミポコさん お早うございます。
山原の森も生き物には住みにくくなっていると聞いていましたが・・・。 実は私はそのヤンバルの出身でしてマミポコさんの記載を 懐かしくそして楽しみにしていました 今回の事故の様な事は少なくないと聞いています 山の中を貫いて道路を作ったお陰で動物達の被害が耐えないそうです。 幸いこの子はマミポコさん達に助けられて良かったですね 早く治る様に願っています。
2011/07/27[Wed] 09:44:08 :EDIT:
無題
真美 URL
824さん

初めまして。
もうこんな経験がないといいな、と思いつつも今回一緒だった
メンバーにはクイナダイヤルを登録してもらいました。
初めて見るヤンバルクイナがこんな姿だった2人には元気な姿も
みてもらいたいな、と思います^^
2011/07/27[Wed] 22:49:43 :EDIT:
無題
真美 URL
masu-nakaさん、こんばんは(^^)
沖縄出身だったのですね!
今回のような輪禍は結構な頻度で起こっているようで、この前日に
私の知人はケナガネズミの轢死体を拾ったそうです。
カメの轢死体もたまに見かけます。
せめて生き物が多くでる時間帯だけでもゆっくり走ってもらえない
かとしみじみ思いますね~・・・。

2011/07/27[Wed] 22:56:30 :EDIT:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[862] [861] [860] [859] [858] [857] [856] [855] [854] [853] [852]

Copyright c マミポコの鳥日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]